豊かに暮らすひと

こだわらないスパイス屋に学ぶ
多様性の楽しみかた<1/4>
メタ・バラッツさん アナン株式会社3代目/東京スパイス番長

鎌倉・極楽寺にある築100年超の古民家を拠点に、世界中のスパイス販売やオリジナルブレンドスパイスをプロデュースするメタ・バラッツさん。2020年で創業62年を迎えたアナン株式会社の3代目として、ワークショップやレシピ紹介を通して、スパイスのある暮らしの楽しさを提案しています。奥の深いスパイスの世界ですが、バラッツさんが提案するレシピは、本当に簡単なものばかり。多くの家庭でスパイスを使ってもらうために、こだわりを持たずに目の前の人と向き合う。こんな大らかなバラッツさんの仕事の取り組みかたは、今こそ私たちに必要な姿勢かもしれません。

PROFILE

メタ・バラッツ
1984年、鎌倉生まれ。南インド・ニルギリの高校GSIS(Good Shephered Int’l School)を卒業し、スイス・ジュネーブのCollege du Lemanにてケンブリッジ大学のA Levelを獲得。その後、スペインに留学して経営学と料理を学び、帰国。アナン株式会社にて新商品開発やネーミング・新規事業の改革等に携わりながら、北インド・グジャラート出身である父メタ・アナンの元で、アーユルヴェーダを基にした料理を実践している。旬の野菜をテーマにしたカフェ「移動チャイ屋」を立ち上げ、出張料理を精力的に展開中。また、2011年震災後より宮城県女川町に仲間たちと炊き出しに赴いたのをきっかけに現地の雇用、観光資源創出に向け「女川カレーProject」を仲間と共に始める。スパイスのオンラインストア『インターネットオブスパイス』を運営。

日本人とスパイスのカレーな関係

―日本人にとって、少し前までスパイスは馴染みのないものでした。この2~3年で、スパイスを使った料理を食べる機会が増えてきたように思います。

実は、クローブというスパイスは正倉院に宝物として保存されていました。クローブは丁子とも呼ばれていて、漢方や染料として使われていたほか、武士が甲冑(かっちゅう)の中でいぶして、士気高揚に使ったとも言われています。シナモンや胡椒も漢方として使うなど、日本も昔からスパイスは扱っていました。しかし、料理に使われることは少なかったんです。日本ではスパイスよりも先に醤油の文化が発達したので、料理にスパイスを使うという発想が広まりにくかったのかもしれません。世界を見渡すと中国やアフリカなど、日本以外のほとんどの国で料理にスパイスが使われてきました。

―最近は、日本でもスパイスカレーがブームになっています。

スパイスカレーは、この3年くらいで流行ってきましたね。僕の周りにも、スパイスからカレーを作りたいという人が増えています。僕は、このブームにはきちんとした説明がつくと思っています。日本のカレーの歴史を見ていくと、約160年前にカレーが日本に入ってきたとき、海軍がカレーを広めて一度ブームになったと思うんです。その後、元海軍の人が田舎に帰ってカレーを作り始めた。中には、カレー屋さんを開いた人もいたみたいです。

最初のころ、一般の人にとってカレーはレストランで食べるものだったけれど、昭和に入ってカレー粉やカレールーが出てきて、そこから日本独自のカレー文化が始まったと思います。家でカレーを作るのが一般的になって、もっと美味しくしたいという人が出てきた。ちょうどその頃、1970~80年代にタンドリーチキンやナンなどのインド料理が日本で紹介され始めて、こんな新しいカレーがあるんだという発見があった。それから20年、自分の店舗を持ってオリジナルカレーを出す人が増えて、日本のエッセンスを加えた日本独自のスパイスカレーが確立されてきたのが、今の状況だと思います。有名人がスパイスカレーを紹介して広まった側面もありますが、普通の人の暮らしに根づきながら、日本の食卓に広がっていったのがカレーです。これから、日本のカレーはどうなっていくのでしょうね。すごく楽しみです。

アナン邸の縁側で、庭の木々を見ながらのインタビュー
アナン邸の縁側で、庭の木々を見ながらのインタビュー。バラッツさんの大らかさに包まれた、笑いの絶えない時間になった


浅く広くでいい。いろんなスパイスを楽しんでほしい

―バラッツさんが運営している『インターネットオブスパイス』には、『世界で1番わかりやすい、スパイスを使ったカレーの作り方プロジェクト』として、レシピが紹介されています。確かに、まだ「スパイスは難しい」というイメージはあると思います。

そうですよね。僕もよく、スパイスの使い方が分からないと言われます。ただ、僕は浅くてもいいから広くスパイスを楽しんでほしいんです。日常にスパイスを取り入れてもらって、日々の料理に生かしてほしい。だから、『インターネットオブスパイス』では、簡単に作れるスパイスカレーのレシピを毎週更新しています。まずは、多くの人にスパイスの楽しさに出会ってほしいです。

―今日はインタビュー中に、キーマカレーを作っていただきました。スパイスを炒める香りが、たまらないです! この香りは魔法ですね。この香りをかげば、きっとみんなカレーを食べたくなります。

炒めているのは、カルダモン・クミンホール・ブラックペッパーホール・シナモンです。ホールスパイスは焦げるから料理に使うのが難しいと言われますが、あまり気にせず香りがたつまで炒めてください。良い香りがしてきたら玉ねぎを飴色になるまで炒めます。香りが落ち着いてきたらパウダースパイスとひき肉を加えて火が通るまで炒め、トマト・ヨーグルト・水を入れて煮込んでください。

今日はじゃがいもとカリフラワーがあるので、サブジも作りましょう。サブジはインド料理のひとつで、野菜の炒め煮・蒸し煮のことです。

キーマカレーのレシピはこちら
じゃがいもとカリフラワーのサブジのレシピはこちら

キーマカレーと、スパイスが野菜の風味を引き立てているサブジ
食べ応えのあるキーマカレーと、スパイスが野菜の風味を引き立てているサブジ。味は異なるが、どちらも米によく合う