くらし談義

家のような“暮らしの場”で、人生をかけて全力で働く。<5/5>
山川咲さん crazy wedding代表

「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを胸に、業界経験ゼロから起業し、「完全オーダーメイド」の結婚式を提供。そのクリエイティビティの高さや、ビジネスモデルが話題となっている『crazy wedding』代表の山川咲さん。オフィスにあるキッチンでは、専属のシェフが自然食の食事をつくり、ランチは社員全員でいただく。「会社が人生の中心であり、“暮らしの場”でもある」と話す山川さんに、起業に至るまでのストーリーやオフィス空間への想いについて伺いました。

山川咲さんのお気に入り

お気に入りの空間

ALLPRESS ESPRESSO
人生が変わる瞬間に飲んでいたコーヒーが味わえるカフェ

山川さんにとって節目となったオーストラリアへの旅。カフェで自分と向き合い、人生が変わる瞬間に飲んでいたのはコーヒーだった。そのときと同じ種類のコーヒーを、東京で提供しているのが『ALLPRESS ESPRESSO』だ。ニュージーランドからから日本へ進出し、2014年8月に清澄白河にオープン。「crazy wedding」の新オフィスはこのカフェの近くだという。
 
ALLPRESS ESPRESSO
営業時間/月曜日~金曜日 8:00〜17:00、土曜日、日曜日、祝祭日 9:00〜18:00
TEL 03-5875-9392
東京都江東区平野3-7-2

 

お気に入りの家具

オフィスの玄関にある壁
「crazy wedding」を象徴するような空間を演出

crazy wedding』のオフィスの玄関を入ると、最初に目に入るのがグリーンの壁。フェイクのモスで一面が埋めつくされ、『crazy wedding』の文字とともに、グリーンの濃淡で描かれた世界地図が浮かび上がる。オフィスのDIYを進めていたときに、山川さんの友人のフラワーアーティストがつくってくれたものだという。オフィスを訪れたお客さまがこの壁を背景に、記念撮影する姿も日常的に見られる。
 

お気に入りの道具

「SMYTHSON」のノート
大好きなノートに文字を書くことで、自分自身を振り返る

大好きな女の子から誕生日プレゼントとしてもらったことをきっかけに、使いはじめたという『SMYTHSON』のノート。文章を書くことが、いちばん良いアウトプットにつながるという山川さんは、いつもこのノートに感じたことを記し、自分自身を振り返ることを日課にしているという。『SMYTHSON』は125年以上の歴史をもつ、ロンドンに拠点を置く高級文具ブランド。英国王室御用達としても知られ、世界中で愛されている。