豊かに暮らすひと

お金も気持ちも循環させることがみずみずしく生きるコツ<1/3>
高山都さん ビューティーモデル、女優

古い住まいをリノベーションした自宅でのナチュラルなライフスタイルをつづった2冊の著書を持ち、インスタグラム(#みやれゴハン)では、料理やスタイリングが人気。モデルに限らずその活動の場は広がっており、多くの女性の共感を集める高山都さん。大切な仲間たちをホームパーティーに招く居心地のいい空間を整え、自分自身のために花を飾るという高山さんに、みずみずしく生きるための住まい方や暮らし方、お金のかけ方や価値観を伺いました。

PROFILE

高山都(たかやま みやこ)
1982年生まれ。ビューティーモデル、女優、ラジオパーソナリティーなど幅広く活動。趣味は料理とマラソン。「#みやれゴハン」として料理やうつわなどを紹介するインスタグラムが人気。趣味のマラソンでは、横浜マラソン2016を3時間41分で完走した記録を持つ。著書に『高山都の美 食 姿 「したたかに」「自分らしく」過ごすコツ。』(双葉社)と『高山都の美 食 姿2「日々のコツコツ」続いてます。』(双葉社)がある。

今いる空間に合わせたら味のあるもの、古いものたちが集まった
 
――高山さんの今のご自宅は、古い建物をリノベーションした住まいだそうですね?
 
入居したときは築35年で、私と同い年だったんです。
 
管理会社さんが工務店で、内覧のときはまさに内装のリノベーション中。「今決めたら、壁の色を選べる」と聞いて、「ここにします!」と即決しました。選んだ壁の色はちょっとブルーがかったグレー。この色は飾ったお花の色がとても映えるんです。
 
たまたま物件に付いていた棚もグレー、もともと持っていた食器棚の色もグレーなので統一感が出ました。
 
――著書に載っているお部屋の写真はカフェかショップのようです。
 
私は決してアンティークの収集家ではないんですよ。前の住まいも築50年のリノベーション物件でした。今いる空間に合わせたら、古いもの、味のあるものたちが集まったんです。



――壁のほかに新居でこだわった点はどこでしょう?
 
窓はブラインドにしました。値段はカーテンのほうが安いと思うのですが、ホームパーティーを開くことを考えて、会場となる場所は「カフェみたいな空間」にしたかったので。木のブラインドを特注しました。大きな窓から明るい陽射しが入る、本当に心地いい空間になりました。
 
一緒に引っ越してきた食器棚はスチール製で業務用です。少し武骨な感じが古い部屋に似合います。
 
新しく購入したテーブルは大きめのダイニングテーブルで、古材でできています。料理が映えるように少し濃い色を選びました。
 
築50年の家で古いものと調和する暮らしを知った
 
――今までは、どんな住まいを選んできたのですか?
 
若い頃は失敗したことも多かったですよ。あまり治安のよくない場所に住んでしまい、すぐ引っ越したこともあります。
 
当時は20代でしたし、気持ちがまだ外を向いていたんですね。持ち物も多かったですし、せっかく仕事でお花をもらったのに、「どこに飾ればいいんだろう」という感じでした。
 


私の1冊目の本(『高山都の美 食 姿「したたかに」「自分らしく」過ごすコツ。』)にも出てくる築50年の物件に住んだときが転機でした。リノベーション済みで壁も塗り替えてありましたが、「古い家を楽しむにはどうしたらいいだろう」というところから、住まいと向き合うようになりました。
 
お花を飾ってみたり、アンティークの家具や食器で雰囲気に合うものを発見したり、リサイクルショップや骨董品屋さん、蚤の市にも行きましたよ。
 
素敵なカフェに行ったら、雰囲気や質感をインプットするようになりました。その繰り返しで自分の好きな空間を作っていきましたね。詳しい友達に聞くなど、人を巻き込んできたことも大きいです。