くらし談義

有機的組織ロフトワークから学ぶ個人が活きる働き方<4/4>
林千晶さん 株式会社ロフトワーク共同創業者・代表取締役

2000年に株式会社ロフトワークを創業し、クリエイターをつなぐインターネットプラットフォームを構築した林千晶さん。現在は、Webデザイン・ビジネスデザイン・コミュニティデザイン・空間デザインなど、年間300件以上のプロジェクトを手がけ、クリエイティブの力で成功に導いています。さらに『株式会社飛騨の森でクマは踊る』では森林再生と地域産業の活性化に携わるなど、次々と社会的インパクトのある事業を展開しながらも、「自分が好きなことをしているのであまり仕事感覚がない」と話す林さんに、個人が活きる働き方、少し未来の仕事観についてお話を聞きました。

林千晶さんのお気に入り

お気に入りの「場所」

BONDI COFFEE SANDWICHES
コーヒーの美味しい空間で仕事を
 

林さんが、2週間に一度は通うという渋谷区富ヶ谷にあるコーヒーとサンドウィッチのカフェ。オーストラリアのボンダイビーチ沿いにあるカフェをイメージした店は、海を連想させるインテリア。大きな窓を開け放つと、都心とは思えない、ゆったりとした空気が流れてくる。テイクアウトカップで提供されるコーヒーと(※マグカップも可)、店内で焼き上げる自家製パンで作られるサンドウィッチは、何度食べても飽きない美味しさ。「ここで仕事すると、気持ちよく仕事ができます」と林さん。
 
BONDI COFFEE SANDWICHES
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-8 アキラビル 1F
TEL 03-5738-7730
営業時間7:00〜19:00
http://bondicafe.net/bondi-coffee-sandwiches/
 
 

お気に入りの「家具」

『飛騨の森でクマは踊る』オリジナル曲線テーブル
ヒダクマのクリエイティブで昇華したテーブル
 
ロフトワークの渋谷オフィス、8F・9F「執務エリア」リニューアルの際に作成された、『飛騨の森でクマは踊る』の曲線テーブル。手触りの気持ちいい木製テーブルは飛騨の広葉樹を使ったオリジナルで、曲線の形状が座る人のコミュニケーションや視線の交わりにも動きを与えてくれる優れもの。「テーブルの角が直角ではなく、手のひらにフィットするように滑らかな曲線になっています。テーブルはこんなにも気持ちよくなれるんだなという発見がありました」と林さん。

株式会社飛騨の森でクマは踊る|Hidakuma
岐阜県飛騨市古川町弐之町6-17
TEL 0577-57-7686
FAX 0577-57-7687
https://hidakuma.com/

お気に入りの「本」

『村上春樹 雑文集』(村上春樹・著/新潮社)
どんなときも『卵』の側でありたい
 
読書好きな林さんが大切にしている一冊が、『村上春樹 雑文集』。1979〜2010年までに村上春樹氏が答えてきたインタビューや海外版への序文、書評や人物論まで、未収録の作品を村上春樹氏が自らセレクトした69篇。なかでも林さんのお気に入りだという、2009年に村上春樹氏が受賞したエルサレム賞の受賞スピーチ「壁と卵」の言葉は、林さんの心にずっと残っているという。「私も、いつでも卵の側に立っていたいと思っています」と林さん。
 
『村上春樹 雑文集』
村上春樹・著(新潮社)2011年/定価1,512円(税込)