くらし談義

ミュージシャンのこだわりから見る日々の幸せの見つけかた<1/4>
門田“JAW”晃介さん サックスプレイヤー

ジャズインストゥルメンタルバンド『PE'Z』のテナーサックスプレイヤーとして、日本のみならず海外でも高い評価を受け、国内外の大舞台でライブをしてきた門田“JAW”晃介さん。PE'Z解散後は、新バンドの結成やサックス独奏ツアーのほか、オリジナルのコーヒー豆やサックスストラップのプロダクトデザインを手がけるなど、ミュージシャンとしての活動以外にも活躍の場を広げています。人を魅了する音楽をつくり、演奏するために門田さんが心がけていることとは何か? ひとつの道を追求してきたミュージシャンの言葉から、私たちが豊かに暮らすためのヒントが見えてきました。

PROFILE

門田“JAW”晃介(カドタ・ジョー・コウスケ )

サックス奏者。1999〜2015年まで5人組ジャズインストゥルメンタルバンド『PE'Z』にて活動。ジャズをベースに、ラテンやロックの要素も取り入れた楽曲は国内外で高い評価を受け、ヨーロッパ・台湾・韓国でCDをリリース。2016年からは、Yasei Collectiveの松下マサナオ(Ds)・中西道彦(B)、多ジャンルで活躍する宮川純(Key)と共に『BARB』を本格始動し、同年10月にアルバム『Brew Up』をリリース。また、SOFFet・YoYo(Key)とのデュオ『JAW meets PIANOMAN』で年末恒例のライブを開催し、2017年末に『Christmas Swing Jazz』をリリース。2018年以降、サックス独奏ツアー『JAW DROP TOUR』や、自身主催のセッションイベント『Jaw Jamming Yard』を開催。2019年4月14日(日)からはソロパフォーマンスツアー"JAW DROP TOUR 2019"を全国各地で展開。また各会場にてソロパフォーマンス音源集『JAW DROP 2』のリリースが決定。
Kadota "JAW" Kousukeオフィシャルサイト www.kadotakousuke.com

 

“古いもの”がもたらす、縁と居心地
 

—門田さんは、国立音楽大学ご出身です。音大の周辺は、独特の雰囲気がありますね。街のいたるところから音楽が聴こえてきて、学生たちがのびのびと音楽を楽しんでいるように感じます。
 
音大の周りには“楽器OK”の賃貸住宅が多いので、音大生はたいてい学校の周りに住みます。大学でも家でも、同じようなメンバーで音楽をやるので、大学時代のコミュニティは濃厚です。僕は、大学を卒業してバンドデビューをしたころに音大のコミュニティを離れて一般のボロアバートに住んでいたのですが、とにかく壁が薄くて、生活音の全てが聞こえるような家でした(笑)。そこで僕の下の階に住んでいる男の子と仲良くなって、「バンドでインディーズデビューして、CDをリリースした」という話をしたら、次の日の朝、下の階から爆音でそのCDがかかってきた(笑)。同じ世代の住人ばかりが暮らすアパートで、みんな兄弟という感じの仲の良いコミュニティがありました。
 
—音が漏れるような古い家であることが、ご近所との縁につながったのですね(笑)。今のご自宅ではどうやってサックスの練習をしているのですか?
 
“持ち運べる防音設備”というのがあって、2畳くらいの組み立てタイプの防音室を引越しのたびに持ち運んでいます。今はリビングルームの一角に防音室をつくって、そこで練習をしています。僕はもともと、古い日本家屋をリノベーションして住むという暮らしのスタイルに憧れがあって、学生のころから、いつか古民家で暮らせたらいいなと思っていたのですが、住まいの優先順位の一番が“音を出せること”なので、まだ実現できずにいます。仕事と住まいのバランスがうまくいけば、もしかしたら将来的に古民家に暮らすライフスタイルを送っているかもしれません。
 
—リビタの一棟まるごとリノベーション分譲物件・リノア三鷹で2018年10月に行ったイベントでは、1階に入居する『モリスケ+横森珈琲』でライブをしていただきました。門田さんと『モリスケ+横森珈琲』にはどのようなご縁があったのですか?
 
『モリスケ+横森珈琲』は、三鷹を中心にカフェやインテリアショップなどを展開するデイリーズグループの系列なのですが、僕はもともとデイリーズグループのカフェ1号店『デイリーズカフェ』によく通っていたんです。今から20年前のことで、時期的にはカフェブームの走りだったと思いますが、デイリーズカフェのようにインテリアショップに併設されたおしゃれなカフェはとても新鮮でした。当時の僕は、バイトとバンドで忙しくて、バイトの給料が出たらデイリーズカフェでランチをするのがご褒美だったんです。
 
それからPE’Zでメジャーデビューして十数年が経ち、ある時僕からデイリーズカフェで音楽イベントをやりたいと話を持ちかけてライブをやらせてもらいました。そこからデイリーズグループが企画する音楽イベントで演奏する機会が増えていきました。今年の5月には、『デイリーズカフェ』でソロツアーのライブも予定しています(ライブの詳細はこちら)。
 

リビタが手がけた一棟まるごとリノベーション分譲物件『リノア三鷹』の1階にある『モリスケ+横山珈琲』の前で
 
 
—初めてカフェでライブをしたときの感想は?
 
ずっとデイリーズカフェに通っていた僕にとって馴染みのある空間だったので、演奏していて違和感はありませんでした。古い建物(※デイリーズカフェが入居するマンションは築48年)の独特な空気感が、お客さんとのアットホームな距離感を演出してくれたと思います。ライブハウスと違ってほぼ生音をお客さんに届けるので、僕の息遣いとかライブハウスでは聴こえない音まで聴こえるという点でお客さん側も緊張感があるようですが、そういう良い緊張感とアットホームさが混ざり合う空気感が好きになりました。
 
—今日お持ちいただいたサックスも約60年前のものだそうですね。門田さんは、古いものに特別な思いがあるのですか?
 
これは“アメリカンセルマー”といって、フランスの楽器メーカーであるヘンリー・セルマー・パリが、アメリカのジャズ最盛期にアメリカにパーツを持ち込んで、組み立て・調整・塗装まで行ったものです。U字管の脇の塗装が剥げているところを見ると、おそらくビッグバンドの奏者の持ち物だったと想像できる。古い楽器には、それが持つ佇まいから歴史を推測できることがあって面白いです。また、古い楽器ならではの一音だけ鳴らしたときの音の響き方の違いを感じると、楽器が経験してきたものは音に出るのだなと感じます。一方で、どんな楽器で演奏しても、結局は演奏している人の個性が出るので、メンテナンスの手間がかからず、音程も合っている新しい楽器を選ぶ選択肢もある。持ったときのビジュアルも含めて、どんな楽器を選ぶかはミュージシャンの個性です。機能性重視で選ぶ人もいれば、ヴィンテージにこだわる人もいる……服と同じですね。
 

愛用のアメリカンセルマーのサックスを抱えて。アメリカンセルマーは製造数が限られており、プレミアがついているものがほとんど