くらし談義

“場”がつなぐ、本・コト・ヒトとの出会い。<1/5>
内沼晋太郎さん numabooks代表

「本」にまつわることを中心に、多岐に渡るプロジェクトの企画・ディレクションを手掛ける内沼晋太郎さん。リビタが企画・プロデュース・運営するシェアスペース『BUKATSUDO』では、クリエイティブ・ディレクターとして参画。「本と人との出会いを作る」というコンセプトをベースに活動のフィールドを広げる内沼さんに、お仕事のこと、住まいのこと、そして“場づくり”について伺いました。

PROFILE

numabooks』代表。ブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター。一橋大学商学部商学科卒(ブランド論)。 2003年、本と人との出会いを提供するブックユニット『book pick orchestra』を設立。2006年末まで代表を務め、のちに自身のレーベルとして『numabooks』を設立。本にまつわることを中心に、あらゆるプロジェクトの企画やディレクションを行う。2012年、東京・下北沢にビールが飲めて毎日イベントを開催する本屋『B&B』を博報堂ケトルと協業で開業。ほか、読書用品ブランド『BIBLIOPHILIC』プロデューサー、これからの執筆・編集・出版に携わる人のサイト『DOTPLACE』編集長などを務める。著書に『本の逆襲』(朝日出版社/2013)、『本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本』(朝日新聞出版/2009)。
 

「本と人との出会いを作る」を仕事にする

―内沼さんのお仕事、「ブック・コーディネイター」とは、どのようなお仕事なのでしょうか?

内沼さん 
自分で勝手につけた肩書なので、範囲を決めているわけではないのですが、最初は書店以外の業種、たとえばアパレルショップやカフェなどに本の売場をつくったり、オフィス、集合住宅の共有スペースなどに本の閲覧スペースをつくったりする仕事からはじまりました。
 
ただ「本を置く」と言っても、そこがどういった目的を持つ場なのかによって、本の役割は変わってきます。たとえば、オフィスの受付に置く本なら、その企業がどういった企業なのかを伝えるようなセレクトが望ましい。オフィス内にある社員用スペースに置く本なら、資料目的なのか、社員のリラクゼーションを目的にするのかによっても、セレクトは変わります。アパレルショップの場合は、本も商品のひとつであるのはもちろんですが、それを通じてお店のコンセプトを伝え、服をはじめとするメインの商材を売りたいという気持ちが「本を置く」行為の背景にあります。そうしたクライアントのニーズを汲み取って、そこにあるべき本を選び、どう並べ、どう見せるかを提案する仕事です。
 
そこから派生して、書店や図書館などのコンサルティング、本棚や本を並べる空間のデザイン・ディレクションやイベントのプロデュースといった、場づくりに関わる仕事のご依頼を頂くこともあります。

―「ブック・コーディネイター」のお仕事を始められたきっかけは?
 
内沼さん 
学生の頃、僕はミュージシャンになりたかったんです。でも、ある日、自分が作った音楽と自分が好きなミュージシャンの曲とを聞き比べて、「どっちを買いたいか」を考えた時、明らかに後者だった。自分自身も納得しないような音楽を作っていて、ミュージシャンになれるのだろうか。本当のミュージシャンはそうした葛藤を何度も乗り越えていくのでしょうが、その時僕は自分には無理だとあっさり諦めてしまったんです。なら、自分が好きな表現者を紹介する側になろうと思い、仲間たちと一緒に雑誌を作り始めました。
 
雑誌を作っている時、書店に話を聞きに行ったりしていたのですが、ちょうど佐野眞一さんの著書『だれが「本」を殺すのか』(プレジデント社/2001年)がベストセラーになった頃でもあって、「本が売れない」という出版業界の実情を知りました。それまでは、僕らの世代を指して「若者の活字離れ」と言われていることが、僕は不思議だと思っていました。僕は本が好きだし、周囲の友人には読まない人もいるけれど、読む人もいる。書店に行けばお客さんはたくさんいる。けれど少しずつ内側のことを知るようになると、出版社は本を作ることで精一杯、取次(本の卸売業者)は書店に流通させるので精一杯、書店は売ることに精一杯。書店に来る人が減っているのなら、自分たちが作ったり売ったりしている「その本」の面白さを伝えること以前に、「本というもの自体」の面白さを伝える必要があるんじゃないだろうか。そういうことについて考えるようになったのが、大学3年の時でした。
 
それで大学を卒業して入社したのが、出版業界で一番大きい見本市を開催している会社でした。「面白い本を作る」のではなく、「本の面白さを伝える」仕事に携わりたいと思っていた僕にとって、出版業界全体を外側から見渡すことができるその会社はぴったりだったように思えたんです。
 
ですが、僕はその会社を2ヶ月で辞めてしまいました。事情はいろいろあったのですが、ともかく「2年間、一人で食べていけないか、試してみる。駄目ならもう一度就職活動する」ことにしたんです。そして大学時代からの仲間に声をかけ、2003年に『book pick orchestra』をはじめました。


numabooks』と博報堂ケトルが協業で運営する下北沢の本屋『B&B

―『book pick orchestra』は、どのような活動を行っていたのですか?
 

内沼さん 1冊の古本を紹介するためにコラムを書いたり、対談記事を制作して載せたりしながら、ウェブサイトで古本を売りながら、リアルでも新しい売り方の実験をしていました。古本の文庫本を中身が見えない状態にクラフト紙で包み、裏面に本の内容から引用した一節を添えた『文庫本葉書』や、本との出会いを楽しむ会員制・予約制・入場料制のブックルーム『encounter.』などがメディアに取り上げられるようになると、段々と活動が広がっていきました。その後2006年の年末に『book pick orchestra』の代表を離れ、僕自身のレーベルとして『numabooks』を立ち上げて以降も、変わらず「本と人との偶然の出会いを作る」というコンセプトのもと、そうした実験的な活動も続けています。
 
book pick orchestra』をはじめたころから『numabooks』以降もしばらくずっと、僕は千駄木にある『往来堂書店』でアルバイトをしていました。ここでは新刊書店の基本的な仕事と出版流通のこと、愛される街の書店の在り方などを学ばせてもらいました。新刊の情報も入ってくるので、少しずつフリーランスとしての仕事が増えそれで暮らしていけるようになるギリギリまで、アルバイトは並行して続けさせてもらっていました。