くらし談義

雨の日も晴れの日もくつろげる
暮らしづくりを工芸で<1/4>
金子憲一さん 『雨晴』主人/ディレクター

東京都港区白金台にある『雨晴/AMAHARE』。自然に寄り添いながら暮らしの道具づくりをしている、日本各地の作家や職人のしなものを取り扱うブランドです。ヴィンテージマンションの1階にあるお店は、さりげないおもてなしが上手な家に招かれたような、すっと心が落ち着く空間。「雨の日も晴れの日も心からくつろげる暮らし」をブランドコンセプトに掲げ、取り扱っているしなものの7割が食にまつわるもの。ご自身も、「きちんと料理をして、きちんと食べることが暮らしの基本」という、『雨晴』主人の金子憲一さんにお話を聞きました。

PROFILE

金子憲一(かねこ・けんいち)
1978年生まれ。江戸鼈甲の彫刻師の家系に生まれ、子どもの頃から様々な工芸品と触れ合って育つ。就職後は、工芸に携わる仕事に従事し、日本各地を回って作家や職人の方々との関係を築く。2015年南陽オモビト株式会社に入社、同年12月に東京・白金台に『雨晴/AMAHARE』(あまはれ)をオープン。主人/ディレクターを務める。
 

自然に寄り添う暮らしから生まれた道具
 
—『雨晴』は、日本の工芸品の中でも器を中心にセレクトされています。そもそも「工芸品」とはなんでしょうか?
 
「工芸」というと少し難しいもののように感じますが、私たちが取り扱いしているのは日常の中で使う暮らしの道具です。
 
元々は、身近に生えている葉っぱをお皿にしたり、木を加工してお椀にしたり、土を捏ねて花瓶にして花を生けたら使い勝手が良かったとか、そういったことが工芸のルーツだと思っています。
 
自然を暮らしの中に取り入れることが上手だった先人がいて、時を重ねる中で技術が向上したり、素材の選別ができるようになったり、その中には美的センスが高い人もいたり…。少しずつ研鑽を積んで、現在の「工芸」と呼ばれるものにつながっているのだと思います。
 
現代においても、さまざまな土地で、さまざまな素材を用いて生まれた「工芸品」がたくさんあります。「工芸品」という言葉ひとつでは言い表せないほど沢山の作り手がいて、それぞれの想いを持ってものづくりをしています。
 
器を中心に、日本各地でつくられている手仕事のものが並ぶ店内。1ヶ月に一度の割合で、作家の個展を開催している。
 

—ひとくちに「工芸品」といっても、そのフィールドはとても広いのですね。
 
そうなんです。『雨晴』のブランドコンセプトを実現するには、自分たちのもの選びの基準が必要だと感じたので、「もののきめごと」という選定基準をつくりました。「佇まいが美しいもの」や「情緒があるもの」といった、そのものから感じることのほかに、「その土地の風土や文化から生まれたもの」、「その人にしか創ることができないもの」といった独自性への着眼、そして、「頭ではなく心で使うもの」や「人の笑顔をつくるもの」などといった、使う方の心に響くかどうかということも重視して選定しています。
 
もうひとつ、選ぶ上で心掛けているのは、作品に対して常にニュートラルでいることです。ひとつひとつの作品や作り手さんに対するこだわりはもちろんありますが、生活の中で使うイメージが湧くように組み合わせも意識して、セレクトしています。皆様にも、ご自身の暮らしが楽しくなることを思い描きながら、工芸品を選んで頂けるとうれしいなというのが、私たちの想いです。
 

沖縄県読谷村に暮らしながらガラス作品をつくる、おおやぶみよさんのオブジェ。太陽や月の光を浴びた姿や、壁に映る影が美しい。
 

 
工芸を、一生の仕事にすることにした
 

—もともと金子さんが、工芸に関わる仕事をするようになったきっかけは何ですか?
 

祖父母が江戸鼈甲の彫刻をしていて、その影響で父も茶道具や骨董品に興味を持っていました。子どものときは意識していませんでしたが、その頃から身近に工芸品があって、実際に触れて育ってきた経験が原体験です。
 
就職して、日本のものを扱う店で働くことになったときに、初めて南部鉄器の急須を見ました。とてもかっこよくて「こんなものが日本にあるんだ」と感動しました。そこから工芸に魅了されて勉強をしていくうちに、なぜ、現代までその工芸品が残っているのか、なぜ、長く使われ続けているのか、そこにきちんとした裏付けがあることを知って面白くなって、気がつけばずっと工芸に関わり続けています。奥深い世界なので、一生を尽くしても勉強しきれないフィールドだと思っています。
 

日本各地の多くの作り手を訪ね歩き、作り手との関係を築いてきた金子憲一さん。現在は、雨晴の主人/ディレクターを務める。
 
—その想いが形になったものが『雨晴』なのですね。金子さんが、『雨晴』の主人になった経緯を教えてください。
 

『雨晴』の運営会社である南陽オモビト株式会社は、富山県高岡市にあります。高岡は鋳物や漆器などの職人が多い町で、作り手が身近にいる環境です。地元貢献も含めて、工芸品を主軸にして、「作家や職人の方々と一緒に新しい暮らしの価値をつくる」というプロジェクトが立ち上がった時に、声をかけて頂いて入社しました。
 
入社当時は、「こんなことをしたい」という会社の想いはありましたが、ブランドの名前もコンセプトも決まっていませんでした。オープン準備期間中に全国の作家さんを巡って話しをするうちに、作家さんの生活やその環境がものづくりに影響していることに気が付いたんです。さまざまな作家さんの暮らしを見せて頂くうちに、“暮らしをつくる”という言葉が浮かんできました。
 
—作家さんたちの暮らし方は、生活とものづくりが密接に結びついていた、ということでしょうか?
 
そうです。東京に住んでいるとどうしても自然とは距離がありますが、地方の作家さんは自然と共生した心地よい暮らし方をしていました。そういう暮らし方は、お客様にとってもヒントになると思って、「自然との関わり方」もブランドのテーマに入れたいと考えるようになりました。
 
ある程度、事業の方向性が固まってきたころに、会議の途中で社長が「海を見に行こう」と言って(笑)連れ出してくれた場所が、富山県高岡市にある『雨晴(あまはらし)海岸』でした。富山湾越しに雪化粧をした立山連峰が見える素晴らしい場所なんです。“あまはらし”という言葉もとてもきれいで、この気の良い名前を拝借して、『雨晴(あまはれ)』と名付けることにしました。この名前がきっかけで、「雨の日も晴れの日も心からくつろげる暮らし」という、自然との関わり方をテーマにしたブランドコンセプトも誕生しました。
 

茶室のにじり口を意識した入り口に、縁側のように中と外を繋ぐスペースを置いた独特の空間。設計はトネリコによるもの。