くらし談義

人と場に楽しさを届けるエンターテイナーなお弁当屋さん<5/5>
山本千織さん chioben(チオベン)料理人

色鮮やかな紫芋ボールはボリューム満点、意外な具材が驚きの春巻き、シャキシャキのキャロットラペや、出汁が美味しいホウレン草のお浸しは野菜をきちんと摂った満足感があって、タコ飯はコリコリ食感に山椒の実がアクセント。そんな、目にも舌にも美味しいお弁当『チオベン』を作っているのが、山本千織さん。ご近所コミュニティーの場だったという実家の料理体験や、多様な人々が行き交う飲食店での経験など、誰もが楽しくなるお弁当が生まれるまでのお話を聞きました。

山本千織さんのお気に入り

お気に入りの本

武田百合子『ことばの食卓』
何度も読み返す、料理の合間の癒し
 
随筆家・武田百合子の代表作のひとつ。著者独特の感性で描かれた、食べ物がテーマの14篇の随筆集。ユーモラスな語り口のなかにさりげない風刺が織り交ぜられた文体で、没後も多くのファンに親しまれている。山本さんは、特に本作の昭和時代の風景が垣間見える文章が好きで、料理の合間の息抜き時間や移動中に読んでいるという。
 
『ことばの食卓』
武田百合子・著/野中ユリ・絵(ちくま文庫)定価:本体640円+税
 

お気に入りの道具

『クイジナート』と『バイタミックス』
フードプロセッサーがないと生きていけない!山本さんの強力な相棒
 

お弁当作りで余ったおかずや材料は、全て粉砕してペースト状にして、調味料やスープに変化させるのが『チオベン』流。食品の無駄を省くために活躍するのが、このふたつのフードプロセッサーだという。まったりと、とろみのある仕上げにしたい場合は『バイタミックス』で、基本的な粉砕で使うのは『クイジナート』と、用途でこのふたつを使い分けている。
 
左:クイジナート「リトルプロプラス フードプロセッサー」LPP-2JW(オープン価格)
右:バイタミックス「TNC5200」(オープン価格)

※写真の商品と現行販売品は異なる場合があります
 

お気に入りの場所

Bar à vin Maison Cinquantecinq
代々木上原の美味しいもの好きが集まる小さなバー
 
上京してからほとんどの時間を代々木上原周辺で過ごしてきた山本さん。このエリアには、美味しいもの好きの人たちが集まっているという。友達と飲みに行くのが大好きだという山本さんが通うのが、知人の店でもある『Bar à vin Maison Cinquantecinq』。5人も入れば満員になる店内は、お酒好きが集う濃密な空間。
 
Bar à vin Maison Cinquantecinq(バーアヴァンメゾンサンカントサンク)
東京都渋谷区西原3-5-1 1F
TEL 03-5454-5631
営業時間18:00~翌00:30(ラストオーダー)
定休日:月2回不定休 チャージ300円