くらし談義

「ダブルローカル」が起こす楽しいハプニングのある暮らし<1/5>
後藤寿和さん・池田史子さん デザインユニット『gift_』

清澄白河の駅前に建つ昭和8年竣工の「清洲寮」。後藤寿和さんと池田史子さんのデザインユニット『gift_』(ギフト)は、2014年に清洲寮1階の元駐車場にギャラリー・カフェ・デザインショップ・オフィスの複合空間『gift_lab GARAGE』をオープンしました。新潟県十日町市松代にあるもうひとつの拠点『山ノ家』と東京の清澄白河を行き来する「ダブルローカルライフ」を実践しながら、「何かが起こる場」づくりに取り組み続けるおふたりに話を聞きました。

PROFILE

後藤寿和氏
デザインユニット『gift_』の空間デザイナー。家具・商業空間・個人邸などの空間デザインや、イベントの会場構成、演出などを行う。2012年、新潟県十日町市の松代にある民家をリノベーションし、多拠点ワーク&ライフスタイルの実験の場として『山ノ家』を始動。2014年、清澄白河に『gift_lab GARAGE』をオープン。2016年春より自由大学にて、『gift_』として講義「未来を耕すダブルローカルライフ」を行っている。
 
池田史子氏
デザインユニット『gift_』のクリエイティブディレクター。各種イベントや展覧会などの企画立案・制作・コーディネートを手がける。『gift_』が運営中の『山ノ家』ではカフェ&ドミトリーの主人も務め、『gift_lab GARAGE』と合わせてメニュー開発や調理も担当。ローカルネットワークマガジン『colocal』にて「山ノ家、ときどき東京」を連載。2016年春より自由大学にて、『gift_』として講義「未来を耕すダブルローカルライフ」を行っている。

空間デザインから宿の運営、コーヒーのドリップまで

—『gift_』(以下、ギフト)は、空間デザイナーの後藤さんと、イベントなどの企画立案・制作を手がける池田さんのデザインユニットですが、「何屋」と言えばいいのかわからなくなるくらいの幅広い活動をされていますね。
 

後藤さん デザインユニットですが、カフェで店頭に立ってコーヒーを淹れたりもしていますしね(笑)。
 
2005年にギフトを立ち上げ、個人邸や商業空間のデザイン、展覧会などの企画設計やディレクションを行ってきました。2003年から2010年まで行われたアート・デザイン・建築の複合フェスティバル『CET』(※1)のディレクターも務めました。
 
現在はそうした活動のほか、僕らのオフィスでありカフェでギャラリーショップでもある『gift_lab GARAGE』をここ清澄白河に持ちながら、新潟県十日町市の松代にある『山ノ家』でカフェとドミトリーの運営もしています。
 
—ギフト立ち上げ以前はおふたりとも『IDÉE』(以下、イデー)に所属されていたそうですね。
 
池田さん 私はイデーに15年在籍して、コンテンツの企画制作から、商品の企画、営業、買い付け、店舗の立ち上げまで、あらゆることをしてきました。イデーが空間設計の事業を始めた頃に後藤が入社して、空間デザインを担当していました。ふたりで独立を考えたときに、自然にデザインユニットと名乗りました。

2014年、清澄白河にオープンした『gift_lab GARAGE』。カフェ・ショップ・ギャラリー・オフィスを兼ねている。


「人が集まる場所」が持つ力

—イデーも、家具や内装のデザインだけでなく、カフェ運営などの場づくり事業を展開しています。ギフトの立ち上げ時から、カフェや宿の運営をすることも考えていたのですか?
 
池田さん 当時は全く考えていなくて、かなり行き当たりばったりでここまで来ました(笑)。
 
後藤さん 独立したときは、空間デザインの仕事をすることだけ決めていて、カフェなどをやるとは全く考えていませんでした。
 
池田さん 決めすぎていなかったからこそ、さまざまなものごとにつながることができたんだと思います。わらしべ長者みたいに、ギフトがころんころんと転がって、いろんなものが付いてきている感じ。結果として、『gift_lab GARAGE』や『山ノ家』という場を持って、そこで実現できたことがたくさんあります。
 
後藤さん 僕たちはカフェやショップをやりたかったわけではなく、さまざまな人が行き交い、出会う場所があったら、そこで何が起きるのかという「実験」がしたかったんです。
 
池田さん 例えば、カフェのお客さんとして来たアーティストが、場所を気に入って表現の場に選んでくれたり、宿が、ご近所さんと私たちの知り合いが交流する場になったり。そうした、楽しいハプニングが起こる場所が欲しかったんですよね。

ギフトの空間デザイナー・後藤寿和さん。『gift_lab GARAGE』の店頭に立ち接客も。コーヒーのドリップは主に後藤さんの担当。


—予測不可能なものごとを楽しみたいというおふたりのスタンスは、どんな経験からきているのでしょうか?
 
池田さん 前職のイデーで企画チームの新拠点の立ち上げをやったのですが、最寄りのどの駅からも遠く行きづらい立地で、そこで何をするか、何を売るかもはっきり決まっていないところからスタートしました。どうやったら人が来てくれるだろうかという試行錯誤の中でトライしたことのひとつとして、働きかたや環境問題など、あるひとつの時事的テーマを共有して、「何か」デザインを発表してもらうという企画展をやってみました。
 
社内のデザイナーはもちろんのこと、建築や映像などさまざまな分野の若手クリエイターに声を掛けて、その作品発表展示会をVJやDJも入れてイベントのように開催したんです。今から20年ほど前だったので、当時としてはとてもユニークな試みだったと思います。
 
他にもイデーでは、何も無いところから、「何か面白そうな気を発する磁場を立ち上げて行く」という経験を重ねさせてもらいました。ですから独立しても、ふたりとも自分たちの仕事場は、常に人が出入りして、そこから何か新しいものごとが始まる「何かを起こす場」であってほしいと自然に思っていたんです。
 
後藤さん 仕事をする場所を仕事以外に使ってはいけないという考え方が嫌だったんです。だからギフトの最初の事務所も、そもそも事務所だけにしておくつもりはなくて、そこで何が起きてもいいようにフレキシブルに空間を動かせるオフィスとしてプランニングしました。そこにも前職での経験が大きく影響していると思います。


※ 『CET』(Central East Tokyo)2003〜2010年に馬喰町・東神田など問屋街の空きビルや倉庫を中心に、アートの展示などを行ったイベント。建築家やアーティスト、キュレーターなど多くのクリエイターが参加し、東京の東エリアの新たな価値を創造した。


元駐車場をリノベーションした開放的な空間。ギフトのお気に入りや縁のあった人などの書籍やレコード、雑貨なども販売。