お宅拝見

料理家夫妻とこだわりキッチン<1/3>

平日は会社員として働きながら、休日には自宅で料理教室や予約制の食事会を開く「てとてと」というユニットとして活動しているIさんご夫妻。活動の舞台として中古マンションをリノベーションして、広々としたキッチンを中心とした住まいをつくり上げました。仕事とプライベートが心地よく融合した暮らし方と空間で、活動の幅が広がったというIさんご夫妻に、家づくりについてお話をお聞きしました。



何も手を抜かずLDKに予算を集中。
人を迎える場としてのこだわり


——広いLDKに、大きくてオープンなキッチンがゆったりと鎮座しています。キッチンスタジオのような空間ですね。

ご主人: 以前住んでいた賃貸住宅でも、料理教室とホームパーティーを開催していました。中古マンションのリノベーションをするなら、その活動に合わせてキッチンを中心とした、人をおもてなしする場所として家をつくりたいと思っていたんです。「キッチン5:居室1」くらいの配分をイメージしていて、玄関を開けたらオープンなLDKが広がっている空間にしたいと希望しました。
 
奥さま:設計は松島潤平さんにお願いしました。インタビュー記事などを読んで、コンセプチュアルな設計と背景がある家づくりに共感しました。私たちも選ぶモノやコトのストーリーをとても大切に考えているので、私たちのこだわりに応えてくれるのではと感じました。



玄関をくぐると、奥行きのある広々とした空間が広がる

——プランはどんな風に決めていったのですか?
 
ご主人:松島さんと打ち合わせをして希望をお伝えしたところ、3つのプランを提案してくれました。そのなかで「本命」ということで推してくれたプランが現状のプランです。長方形の空間を活かし、長手方向に玄関から庭までが一直線に抜けていて、約3分の2がLDK。残りの約3分の1を壁で仕切り、個室や水まわりを収めています。僕は一目でこのプランが気に入りました。妻はあまりに斬新なプランだったため、少し迷ったみたいですが…。
 
奥さま:自分たちでも仮のプランを考えたりして「子どもが生まれた時にどう暮らすか?」など、これからの暮らしをシミュレーションしていたのですが、このプランを見た時には全く想像がつかなかったので、いったん考えたいと思ったんです。でもしばらくシミュレーションして、暮らしのシーンもいろいろイメージでき、やっぱりこれがいいと確信しました。
 
ご主人:壁のなかには、寝室、ウォークインクローゼット、将来の子ども部屋、パントリー、浴室、洗面、トイレがあります。壁のなかにプライベートな空間やバックヤードをまとめて、LDKはゲストを迎える場として徹底しました。LDKは何も手を抜かず、妥協もしていません。一方で個室の壁は、自分たちでペンキを塗ったり、造作家具を省略したりして予算を調整しました。




——人を招く空間ということで、気を配ったポイントなどはありますか?
 
ご主人:コンロはガスがよかったのですが、料理教室でも使用するため、生徒さんが近くにきても熱くないようにIHにしました。セレクトは妥協せず、ほとんどのメーカーのショールームをまわりました。その中でも出力が高いものを求めて「GAGGENAU」のIHを選びました。機能的にもデザイン的にも気に入っています。
あとはLDKの照明を無段階調光できるようにしました。夜の食事会では、徐々に照明を落とすなどして雰囲気づくりをしたかったからです。照明のスイッチパネルにもこだわり、作家さんにつくってもらいました。


見た目にも美しい照明のスイッチパネル。非常ボタンのおさまりにも、家具作家のこだわりと技が光る


 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 82.49㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1976年
  • リノベーション竣工年: 2016年

長手方向に玄関から庭まで抜ける約3分の2の空間がLDK。中央にゆったりと配したダイニングテーブルとキッチンカウンターは、合わせると5mを超える。キッチンの背面の壁には一面の家具造作収納。益子焼などの器をはじめ、Iさんご夫妻のセンスで厳選されたキッチンツールや調味料、雑貨などが並ぶ。残りの約3分の1は壁で間仕切られたプライベート空間。洗面・トイレ・浴室をまとめた水まわり、パントリー、将来の子ども部屋、ウォークインクローゼット、寝室がコンパクトに収まっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 与那覇侑哉

    宅地建物取引士/インテリアコーディネーター/カラーコーディネーター 建材メーカーに入社後、商品の開発に携わる。その後、リノベーションの設計・施工管理会社を経て、2013年よりリノサポコンサルタントへ。 「理想の暮らし」や「将来の自分に合う暮らし」をお客様一人ひとりと向き合いながらヒアリング。要望を聞くだけでなく、お客様に最適な暮らしをご提案いたします。自身のリノベーション経験も交えながら、お客様が楽しく納得して進めていけるコンサルティングを心掛けています
  • 設計

    松島潤平建築設計事務所