お宅拝見

三角本棚と吹き抜け空間<1/3>

井の頭公園のほど近く、静かな住宅街に建つ、築45年の木造2階建ての戸建てを購入し、リノベーションをしたNさんは、奥さまと娘さんの3人家族。200㎡近くある面積に、吹き抜けの玄関ホール、ワンフロアまるごとのLDK、芝生が広がるバルコニーなど、広々とした開放的な場所を設け、ゆったりとリラックスできる空間を実現しました。リノベーションの経緯や手仕事を感じさせる素材へのこだわりなどについて、詳しくお話をお聞きしました。



玄関ホールやバルコニーの芝生は、
家のなかにあるリラックスできる場所


——とても広い玄関ホールと吹き抜けですね。吹き抜けからは2階の様子も感じられて開放的な雰囲気です。

ご主人:以前住んでいた家にも吹き抜けがあって、その空間が好きだったので、今回のリノベーションでも吹き抜けはぜひ設けたいと思っていたんです。既存の家を見学した時、天井が高くていいなと感じました。床を抜いて一部を吹き抜けにしたら光がきれいに入って気持ちいい空間になるだろうなとイメージできました。
 
——そのご希望からこの玄関ホールが生まれたんですね。かなり広い空間でテーブルなども置かれていますが、どのように使っていますか?
 

ご主人:玄関ホールの隣に洗面室と浴室があって、奥には寝室がありますから、朝起きたらシャワーを浴びて、身支度を整え、玄関ホールのテーブルでコーヒーを飲んでホッと一息ついて、そのまま会社へ出勤します。朝は1階だけで完結するので、2階には上がりませんね。
 

奥さま:玄関ホールのテーブルでお客さまをお迎えすることも多いです。普通なら玄関で立ち話になる場面でも、ここなら気軽に上がっていただけるので、よく活用しています。



——2階はワンフロアまるごとLDKですね。吹き抜けを囲むようにLDKとバルコニーを回遊できるような動線になっています。
 
ご主人: LDKは家族みんなが一番長く過ごす場所なので、できるだけ広くしてほしいと希望しました。バルコニーは既存のサンルームを撤去して広くしてもらいました。リノベーションの設計をお願いした納谷新さんのご自宅は、屋根が芝生になっているのですが、それを見て気持ち良さそうだなと感じて、バルコニーには芝生を敷くことにしたんです。LDKからも緑が目に入り、開放感があって気持ちいいですね。



奥さま:犬が3匹いるのですが、芝生の上を歩くのが好きみたいですね。喜んでよくテラスに出ています。
 
ご主人:芝生に座ってハイキングのように食事をしたり、犬と一緒に寝転んだりして過ごすこともあります。自宅にリラックスできる場所があるのはいいですね。普段、仕事などで忙しくしているので、家は疲れを癒してくれるオアシスのような場であってほしい。それが叶って嬉しいです。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 199.68㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1972年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入ると吹き抜けの玄関ホールがあり、左側にはガラス張りの洗面室と浴室。奥に引戸で仕切られた寝室、さらに奥には大容量のウォークインクローゼットが続く。寝室の隣は客間として利用している和室。ゆるやかな曲線を描くスチール製の階段で2階へ向かうと、ワンフロアまるごとLDKが広がる。吹き抜けを囲むように配置されたバルコニーへは2カ所の出入り口があり、回遊性のあるプランとなっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 大嶋亮


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー 兵庫県生まれ。商空間の設計施工会社で営業、現場管理、設計などを経験。その後、建築設計事務所へ転職し住宅・店舗設計を担当。2008年に株式会社リビタへ入社。 リノベーションの得意な不動産コンサルタントとして、建築的な知識・目線、不動産知識・経験則を活かした売却戦略や賃貸など中長期的な目線で、一人ひとりに最適な暮らし方や住まい方を提案いたします。